サークル みかん牧場 フォント情報がバンバン脳に飛び込んでくる感じ!

サークル みかん牧場
遅れての自己紹介[あまた編]

amata-pen
3度目の登場のあまたのよです。どうもどうも。
実のところ、もうここに書くことはないなーと思っていたのですが、自己紹介が必要ですよといわれたので今になってすることになりました。

名前について

まずは私の名前からですが、”あまたのよ”が読みにおいても書きにおいても正式です。
ハンドルネームに正式なんて求めても意味はないような気がしますけども。
“数多の世”と”数多の夜”の二つをかけて平仮名にしています。
“数多世界”と名乗っていることが最近多いのですが、これは姓名をどうしても使わないといけないという時に使っている便宜上の名で、あえて読むなら”あまたせかい”です。
でも、やっぱり”あまたのよ”と読んで欲しいです。

(記事中の画像は、万年筆で即時書き上げたものです。)

ちなみに、フォント名はあまたのよでもあまたのよるでも自由に読んでください。

みかん牧場における私

制作開始告知文に責任者と書かれていますが、私は末席な上ほとんど関わっていません。
私がやったものは手書きフォントの元の書体を書いたこととTwitterのログを集めたことくらいです。

普段の私

twitterにもいますはてなダイアリーにもいます。
牧場メンバーのtwitterを概観したい方はリストが公開されているので、そこを見ればいいとおもいます。

牧場ではOperaユーザーのひとりということくらいしか性格付けができないような気がします。

今後の私

みかん牧場での私は上記の通りほとんど仕事をしていない上にアウェイ感がバンバンしています。たすけて。
それはそれとして、vol.2以降(が出るとして)私が参画するとなるとそれはおそらく数多の夜のバージョンアップくらいでしょう。
実は数多の夜フォントは、試し書きを3回くらいしてこんなのでいいやと思った末に提出した書体を元にしているので、フォントとしての実用性は皆無に近いのです。
手書きフォントですから実用性なんて求められないでしょうしそもそも平仮名・片仮名のみですから、使いどころなんてないと思いますけども。
もし、次回があって数多の夜フォントにバージョンアップのご要望があるのならやってみたいと思いますが、作っているのはhibikiさんなので結局どうするかは分かりません。

おわりに

以上のように、中途半端な立ち位置の私ですが、おそらく次に皆さんと会えるのはそのバージョンアップの時だけだと思うので、ここで必要分の紹介を済ませておきます。
C78ではどこかに委託で販売するらしいので、購入される予定の方は今後の情報に注意してくださいね。
ではでは。


Twitter Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です